結婚 恋

MENU

初めての恋を知ったとき。

私は、スポーツ大好き、男勝りな性格で
友達も男友達の方が多くて、
女子力0。笑

 

でも、そんな私でも恋に落ちることだってあるんだ・・・と思った高校1年の春。
出会いは、近くのスポーツ施設で私はいつものように汗を流していました。

 

すると、スタッフの中に見覚えのない顔。
その見覚えない顔から、なーんだか目が離せなくなり
見つめ続けたのを覚えています。

 

今までにそんなことはなかったし、あれ以来そんなことはないので
所謂あれが「一目惚れ」ってやつだったのかなーと
今になって思います。

 

当時の私は、自分が一目惚れしたことにも気が付かず
ただひたすら、運動して汗を流す日々。笑

 

今思い返せば、何を目指していたのかさえ不明・・・。
でも、運動しないと1日が終わった気がしなくて
施設に通ってました。

 

もちろん「見覚えのない顔」から「見たい顔」に昇格したあの人を
見るのも、トレーニングの一環でした。笑

 

そしてある日、予想だにしていなかったことが。
「いつも来てますよね?何かスポーツされてるんですが?」
そう。彼が初めて話しかけてくれたときでした。

 

私は自分の顔が赤く染まっていくのがわかったので
挙動不審になりながら
「いいいや、今はこれといったスポーツは。運動が好きなんです。」と

 

声のボリュームすら調節出来ず、後半大きな声になってしまい
なーんかそれがまた恥ずかしくなってきて・・・
なんか告白したみたいな感覚になり、パニック状態。笑

 

そんな私を見てポカンとした彼。
そのポカン顔に気が付いた私もなんだかポカンとなり
しばらくポカンとしていると、
またそれにお互い「はっ」となりなぜか二人で赤面したのを覚えています。

 

それからは、話すことも増えて赤面する頻度も減っていきました。笑
話せば話すほど、彼ともっと話したい!彼のことをもっと知りたい!と
思うようになりました

 

彼がバイトが終わる時間を見計らって、私も施設を出たりして

 

今思えば私でも可愛いとこあるなって。笑
これが恋なのか!!って知ったのはそんな日々が始まってから3か月後。

 

自分で「恋」と認識してからは
最初の赤面が嘘のように、積極的にコミュニケーションを取るようになり
恋に気づいて2週間後には
帰り道にて告白。笑

 

そしてまさかまさかのOK。
大学生と高校生の恋愛が始まりました。

 

付き合ってからは、毎日が楽しくて
彼はたくさんのことを教えてくれました。
今では、パパっていう肩書きも増えましたが
私にとっては、初恋の人。
そして今でも大大大大大大好きな人です。