結婚 恋

MENU

ちょっと結婚に焦ってしまったのかもしれません

私は29歳で結婚しました。今では決して遅い年齢ではないような気がしますが、その当時は29歳というと崖っぷち感漂う年齢でした。私の友人でも今でも数名独身貴族がいますが、それ以外の友達はほとんど私よりも早く結婚しました。なのでなんとなく取り残されていってしまうような気がしました。

 

私は数年間片思いの恋愛をしましたので、なんとなく今度は冷や冷やする人ではく、安心できる人をと思っていたところでした。

 

そこの登場したのは今の主人です。見た目は決して良くありませんし、背も高くありません。しかしなんとなく安心感のようなものがあり、いいななんて思っていたところ、会社の関係として知り合ったひとだったので、私の会社仲間があれやこれや面白半分に今の主人に炊きつけたところ、主人が本気になってしまったような感じで交際がスタートすることになりました。

 

主人は好きな女性はいたものの成就することなくいままで来たそうです。なので交際も初めてだったようで、とても私に尽くしてくれました。それ以前の私の肩思いとうって変っての安心感、それに遠距離、それに28歳という年齢、周りの友人はすでに結婚してるなどが絡み合い、1年の交際で結婚することになりました。

 

今思えば焦りと錯覚で結婚してしまったような気がします。結婚後は釣った魚にえさはやらないタイプの主人でした。父親がいるものの中学生から母一人子一人で育ったので、一人が好き、一人が平気、そして親が大好きといった主人です。

 

結婚当初出掛けるからというのでどこへと聞くと親と食事をしてくると言われた時はびっくりしました。

 

どうして私も休みいるのに、親子三人で食事をするのか、それをおかしいと思わない親も親、主人も主人だと思いました。結婚して他県から引っ越してきた嫁を誘わず、三人で食事とはあきれ返ってしまいました。きっと私の親なら主人もいれば主人も誘うでしょう。それは当たり前のことだと思います。

 

そんなささいなズレが今では少々大きくなってきているように感じる今日この頃です。